健康経営への取り組み

健康経営の取り組み

デジタルハーツプラスの健康経営への取り組みについてご紹介いたします。

健康経営

社員が生き生きと輝きながら働ける会社、仕事を通して豊かな人生を創造し、自己実現ができる会社を目指し、健康経営に取り組んでまいります。

健康経営宣言

株式会社デジタルハーツプラスでは健康経営を宣言し、働くすべての社員が健康で幸福であることを目指します。

健康経営優良法人

株式会社デジタルハーツプラスは、 健康経営健康づくりの取り組みを積極的に行っている企業として、2023年3月8日付けで経済産業省と日本健康会議が選定する、「健康経営優良法人(中小規模法人部門)」に認定されました。

健康経営推進体制

代表取締役を「健康経営責任者」に据え、健康経営推進責任者、社内の各部署から選任されたメンバーで健康管理委員会を構成しております。健康管理委員会が中心となり、健康保険組合、産業医と連携しながら健康経営を推進しています。また、様々な施策については、経営層へ報告・審議・承認を得て実施しています。

健康経営の指標と目標設定

2025年度末までに達成する目標を掲げ、毎年、定量的な指標をモニタリングしながら「健康増進プロジェクト」と銘打った健康増進施策に取り組んでいます。

健康経営戦略マップ

健康経営宣言のとおり、社員一人ひとりが、健康で各々の個性や能力を最大限に発揮し、活躍できる職場環境の整備を進めます。社員が生き生きと輝きながら働ける会社、仕事を通して豊かな人生を創造し、自己実現ができる企業を目指し、従業員活力・企業価値の向上に資する健康経営を推進してまいります。

目標設定

一般健診受診率、特定健診受診率、特定保健指導実施率100%を目指します。

健康経営の従業員満足度を4点以上にすることを目指します。

健康増進プロジェクトの取り組みの例

 健康管理
 ・健康診断結果の産業医による個別チェック・面談の実施
 ・毎日昼食後にラジオ体操など運動を日替わりで実施
 ・関東ITS健保のウォーキングイベント「ウオキング」に参加
 ・社内ウォーキングイベント「WalkingMaster」を通年で実施
 働き方改革
 ・リモートワークによる在宅勤務制度を実施
 ・計画年休で有給休暇取得促進
 ・年12日の定期通院休暇、バースデー休暇、夏季休暇の付与
 感染症予防対策
 ・インフルエンザ予防接種の費用を2000円補助
 ・アルコール消毒液、除菌シート、体温計の設置
 健康情報発信
 ・社内健康情報発信サイト「健増ポータル」を作成
 ・健康雑談チャンネルを作成し従業員間で情報交換
 ・関東ITS健保のCollabo-Health Journalを社内に配信
 イベント
 ・夏祭り、忘年会の実施
 ・拠点間対抗ゲーム大会の実施
 ・社内写真コンテスト「今月の一枚」の実施